Itaruテーマの初期設定

必須プラグイン

「Advanced Rich Text Tools for Gutenberg」

ブロックエディタは、基本的に1つのブロックごとに装飾を行うのですが、 それだと文字の一部の色を変えることができません。 こちらのプラグインを利用することで、選択した文字の色を変更することができます。

Snow Monkey Blocks

snow monkeyの公式ブロックディタです。 WordPress本来のブロックエディタの機能に、 さらに便利な機能を追加します。

「Classic Editor」

こちらは、Wordpressテーマで旧式のビジュアルエディタとテキストエディタを利用できるプラグインです。 ランディングページは、新しいブロックエディタで作成するのですが、 通常のブログを書くのにはあまり適していないので、このプラグインを利用します。

 

ユーザーにエディターの切り替えを許可しますのチェックを「はい」にします。

これで、記事編集画面や記事一覧画面で、ブロックエディターとクラシックエディターに切り替えることができます。

Itaruテーマでは、記事を投稿するのは投稿⇒新規追加を選択し、テキストエディターで作業を行い、 ランディングページを作る際は固定ページ⇒新規追加を選択し、ブロックエディタでの作業を推奨しています。

カスタマイズ画面での設定

カスタマイズ画面で、投稿した記事を開いている状態で、

「デザイン」⇒「投稿ページ設定」で、

アイキャッチ画像を「コンテンツの上」にします。
これは必須の設定ではありませんが、デフォルトの状態だとヘッダー画像が大きすぎて扱いづらいと思うのでその場合はこの設定をお勧めします。

ウィジェットは、頭に「WPAW:」とついているウィジェットを主に利用します。